« 上ヶ田行き | トップページ | カウンター削除 »

2016/11/26

雪の日の音

よそでコメント書いてて思い出したことをば


函館でしんしんと降る雪を覚えています。
小学校二年まで函館にいました。五稜郭公園のそばにいたこともあるのに、ツツジと藤は覚えてるのにあれだけある桜を全然覚えていないという偏った記憶しかないのですが、なぜか雪の日には不思議な音があったと記憶してました 

何の音なのか
空気全体になじんでいた音です。
なんとなくあった音でした。
普通にそんなモノだと思っていたので何の音かまでは考えていませんでした。
全体に輪郭のない ぼーーーー っとした音です。

そもそも毎年引っ越ししてて環境に慣れるのが精一杯だったと思われるあの頃。
当時はそれがストレスと思う余裕もなく まわりの景色とかどんな草木が生えていたとか、そもそも函館がどんな町だったかも考えてみればよく覚えていません

そりゃそうだよね  7歳までだもの
特に聡明だったわけでもなしw
ただマンガと遊ぶことに一生懸命な子供でした
雪の日はああいう音がするモノなのだ で終わってました(・_・)それはそれでいいのだ

引っ越しと縁が切れたのは北見に来てからで その前の網走に来た辺りから あまりに環境が違うのが面白くてようやく辺りを見回す余裕が出来てきたのかもしれません
そういえばなんでここでは雪の日がこんなに静かなんだろうと思ったのです
わさわさ大粒の雪が降るときもしんしんと積もるときも音がしない

そもそも雪は音を吸収するのでむしろ静か寄りの方が自然のようです

その音が霧笛の響きだったと気づいたのは釧路の霧笛が廃止になったというニュースで、映像でその霧笛を聞いたとき、ああこれだーと納得しました。
霧笛と言うものをこれは霧笛だと理解して聞いたことがないわけじゃないですが、それがたまたま巡視船だったかの体験乗船で耳のすぐそばで聞いた船本体の霧笛で、そのインパクトのあまり候補に入りすらしなかったと思われ…… 

記憶にある雪の日はけっこうな降り方だったので、港の霧笛も船の霧笛も鳴っていたかもしれません(いえ どういう風に鳴るのかは知らないんですけど)それが港より内陸からはぼんやりと響いていた風に聞こえたのではないだろうかと思う訳です(^^;

ところで 釧路の霧笛廃止は 今検索したら2010年ですって。
やだ もうそんなに経ってるよ(^^; ここ数年時間が速くて~~~~

|

« 上ヶ田行き | トップページ | カウンター削除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上ヶ田行き | トップページ | カウンター削除 »