« 年賀欠礼@りある | トップページ | 「中二病でも  」 »

2012/11/25

病院づくこの頃

脳ドックを受けてきました。 ラッキーなことに市の助成を受けられたので一万円で済みました。(逆です 一万円で受けられるなら受けようと思った が正解)

過去自分の頭痛が片頭痛であることがわかった頃には 片頭痛によって後年脳卒中や脳梗塞などのリスクはないと言われていましたが 近年色々とわかってくるようになると「やっぱリスクあるよこれ」ってことになってるようで そこはかとなく危機感を感じていたこともありまして(^^;
数年前義兄がガンで亡くなり 別な病気でなくなった父もその前にガンが見つかり(これはきれいに切除できたらしい) つい先日母にもガンが見つかり手術しました  こうなると自分にも何か見つかるんじゃないかと 多少はらはらしました(^^;

ガンと言えば だ~りんは毎年ミニドックを受けていますが ミニドックの項目だけではガンは見つからないので 特に兄の死後は その度に腫瘍マーカー検査を受けるように言ってたのに いや高いし とかいいつつスルーされてきました。  、この頃の身内のガン続き、さすがに今年はしつこく言って腫瘍マーカーにチェックを入れて申し込んでもらいました

結果: 「悪いもんじゃないと思うんですがちょっと数値が高いので精密検査受けてください」

ほら~~~~~ (^^;

総合病院を受診して 再検査再検査の連続で出た結果が 大腸にぽっこりできものがあって悪いもんじゃないけどいいものには分類されてないものらしい。(ガンとは最初からいわれてなくて代わりにポリープみたいな言い方もされてない) 腫瘍の一種で 他にも出来てることがあるので調べてもらったけど幸いにも他に転移はなし しかし困ったことに根が深い(だから去年か一昨年に受けていればもっと浅いうちに見つかったかもなのにーー)ので 内視鏡で取るなら穴があかない程度ぎりぎりに削り取らなくちゃならない しかもそれでも取り切れなかったことがわかったら結局は外科手術ということになりますがどうしますかと聞かれ とりあえず内視鏡手術と言うことになりました 
というわけで だ~りんは入院中です(^^; テレビは一切見ないで読書三昧しています 今週の中頃には帰れるんじゃないかと思いますが 傷口が完治するまでに普通に仕事して動き回ったり 力の入ることをしたりして 出血して出戻ってくる人が多いとのこと(^^; 傷口が見えないだけに無理しそうでなんかやだなあ 

あ 自分の脳ドックの方はですね 大変きれいな写真でした(^^; 脳に異常なし 血管に動脈硬化も見られないとのこと ←これ心配してました 父がそうだったので  血液検査でも正常範囲内(大安堵) あ 写真上軽い頸椎症が認められるらしいですが症状が出てる訳ではないので今のところだいじょぶだそうで モニタ見る姿勢に気をつけねば

とりあえずよかったー これで普通に気をつけていればむこう5,6年くらいは脳のほうは心配いらないかなー

ってまてよ 脳が何ともないならその使い方に問題があるって事じゃんか(^▽^;<現状

まあ物忘れが多いのも、その程度は誰にもあると先生は笑い飛ばしてくれました(^^;  一時期そんな不安定なことがあるけど ある時期からうそみたいに元気になったよってな話も聞きますんで 楽観視してます。 おセイさんもそうだったっけ。 一時このままでは先が不安と思える時期がありましたが それを超えたらすごい元気になりましたよ。下手したら更年期とかなんとかいって不安定だった私らより元気でばつが悪いくらい(^^;

というわけで 不安要因はとりあえず二人とも取り除けました(一人はまだ進行形だけど(^^;)

あとはおにゅーマシンだぜっ ☆ばき\(-_-;)の前に冬物きっちり出しとけぃ

|

« 年賀欠礼@りある | トップページ | 「中二病でも  」 »

コメント

みかるーさんとダーリンさん共々、大事無く済んだようで何よりです。
ただ、ダーリンさんは、退院してからしばらくは無理しないほうが良さそうですね。

みかるーさんは、当面指令中枢部の状態は極めて良好と言うことのようですので、今後のますますのご活躍を期待しております。ヾ(^^;)

投稿: 夜郎 | 2012/11/27 12:02

★夜郎さん
めでたく何もないことがわかりほっとしていますが ちゃんと使ってやらなきゃ何にもならないってことも実感しつつあります(^^; 結局今年はいろんな物事に追われて終わっちゃいそうです 来年からは段々少しずつマシになっていくんじゃないかと思います  いやましになんないと(^^;

投稿: micaloo | 2012/12/01 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年賀欠礼@りある | トップページ | 「中二病でも  」 »