« 山の水族館なう | トップページ | 昨日は31℃でした »

2012/09/03

がーーん

9月下旬には孫の結婚式だと楽しみにしていた母にガンが見つかりました。
本人は言われても信じないくらい元気でいます そんなもの見つからなければよかったのにと言っています(^^; もちろんすっかり手遅れになって見つかったら どうしてもっと早く見つからなかったのかと言うに決まってますねw

気になる部位だけ摘出かと思いきや 近い臓器ごと摘出ということになりまして 開腹と言うより切腹めいていてヾ(^^;) 結婚式が終わるのを待つべきかさっさと切ってしまうか迷ったところですが 主治医の先生が「お元気なので大丈夫でしょう」と全然問題視してる様子がないので あとあと後悔を残さないようにと先に切っちゃうことにしました。 

お医者さんには難しい手術ではなくても 体にメスを入れるのはやはりかなり負担になります。3年くらい前なら私も全然気にしませんが 80を超えて本人も近頃は今まで平気でできたことがしづらくなってきてるのを自覚しているようなので 体力もじわじわ衰えて来てるでしょうから不安がない訳じゃありません すぐさきに冬を控えているのもいささか気になります。切った後最初の冬って傷がうずくような感じがありますよね。

人に依っちゃあ ここまで来て今さら手術なんてして無駄に体力なくしたくないから手術は× と決めちゃうかもしれない。

こっちが気にすると本人はもっと気にしてしまうので 先生の自信を信じて大船に乗る態度を貫くことにします。雪が降るまではちょくちょく通ってフォローしようと思っています。雪が降ってからは 私が運転するとかえって心配してしまうので(笑)  ははは どうしよう。 汽車でいきますかw(当然SLではありません 電化されていないのでジーゼルカーですが 列車は一定以上の年齢層にはみんな「汽車」です)←でも高校生は慣例として「汽車通」と言ってますねw

そんなわけで しばらくばたばたしそうです(^^;

|

« 山の水族館なう | トップページ | 昨日は31℃でした »

コメント

はい、私も「汽車」です。

80過ぎるとがんと共存なんていう医者もいますが、
90代までだって元気で生きている人はたくさんいるのですから、
共存なんてしないで縁切っちゃったほうがいいに決まってます。
でも、娘の立場では手術は心配ですよね。
私の母はこの度の入院で心臓の弁の異常と、胸部動脈瘤が見つかって、
でも体力がないので、共存ということになりました。
それを聞いて母は元気なくしまして、それはそれで、娘としては心配です。
お医者さんが手術を勧めるいうことは、結果が大丈夫ということですよ。
みかるーさんが、しばらく大変でしょうけど、体に気をつけてね。
*しっかし、暑いよね。

投稿: はるみん | 2012/09/05 00:27

だいじょぶ 今の高校生が「汽車通」と言ってますw いえ札幌圏ではすでに「電車通」かもですが(こっち電化されてませんからねーw)

応援ヾ(^^;)ありがとうございます
そうなんですよ 先生は全然心配する様子なしに「○○さんならだいじょぶですよ」とあっさりおっしゃるんですw とりあえず開けてみるまではヾ(^^;)余計な心配なしないことにしました。

昨日入院につきあってきて 渡された治療計画書みたいな書類を見たら 退院の翌日には結婚式にでることになってました(^^; 抜糸までの様子を見つつ 経過がよければ積極的にリハビリして体力回復を図ろうと思ってます。
そうでなくても一人暮らしなので 本人のためにも体力回復は絶対必要です。

毎朝のお勤めで 生前母を専任介護士にしてた父と 私を独り占めしてごめんなさいねと母によく言ってたおセイさんによーーーーーーくお願いしときます(^▽^)ノ


さー 集中治療室を出られるまでに(その間はどうせ面会時間が短いので)すこしでも草取りを勧めておかなければ  もちろん無理はしませんが(・_・)☆\(^ ^;)どの口で「少しでも」と……

投稿: micaloo | 2012/09/05 13:39

高齢になると、何かしら体の不具合は起きてくるものですが、それが世間一般に厄介なものと知られているものとなれば、心配せずにいられないのは当たり前のこと。

とまれ、今お元気ならば、過度な不安と心配を互いに重ねないようにしたいですね。
お孫さん(=みかるーさんのご長女?)の結婚式が、良い刺激というか治療のモチベーションになりそうですね。

どうかお大事になさって、良い結果となることを願っております。

投稿: 夜郎(よろ) | 2012/09/11 22:46

★夜郎さん

コメントありがとうございました。昨日行ってみたら 時々いてててといいながらも姿勢を工夫しつつベッドから降りて、一人でトイレに立っていました。少しずつ歩くようにしているようでした。 今日義姉と義兄がお見舞いしてくれるというので 自分は昨日行ったこともあるし行かないでおくつもりでしたが 回復期なので顔を見に行く機会があるなら行った方がいいと思うのでw 車を出しました。

行ってみると トイレへの距離を考えて個室にいたのが すでに6人部屋に移っていて 昨日とはうって変わって傷をかばう様子などまるでない ほとんど普通に見えましたw

もう痛くないのかと聞いたら 強く押したら痛いけどと言ってました。どんだけすごい回復ぶりw 予定していた二週間より少し早めに出られそうです。

「お母さんならだいじょぶでしょ元気だし」とあっさりおっしゃった先生の見立ては正しかったようです(^▽^) やっぱり今日行って良かったです  おかげで庭が自然から返るのは1日延びました(^^;


あ 結婚する孫は弟夫婦の一人っ子であるところの甥っ子です。彼の晴れ姿を絶対見たい、とがんばってる見たいです<母 おおいに励みになっています

とりあえずその後は 果たしていつになるかわからない(というか可能性すら見えないというか)うちの娘どもの晴れ姿を糧にしてもら        えるのか(^^; 

まったく先が見えません 気配すらありません(^▽^;

投稿: micaloo | 2012/09/12 21:37

おお、順調そうなご回復、何よりです。
ってゆうか、ほんとにすごい快復力で。

大きな手術後もどんどん歩かせるからね、今の治療法。←高齢の場合は特にそうらしい
昔の、安静期間が長い治療法が記憶に残ってる人間には驚きです。

回復の目標があるのはいいなあ。

投稿: pandora | 2012/09/15 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山の水族館なう | トップページ | 昨日は31℃でした »