« 読み間違いに事欠いて | トップページ | 記憶を呼び覚ます引用:続 »

2008/09/20

記憶を呼び覚ます引用

この四五日 やたらとランボーの引用に出会う

「あれ これ見覚えが」から
「ランボーじゃなかったか」の間に幾ばくか時間があるが
その間なんともいえない気持ちが漂う

頭の中に直ちに鮮明に思い出せるのではなく
たとえばむか~し住んでた地域の音やにおいがよみがえって
それから地名を思い出すような

え~~~? そんなに心酔してた訳じゃないんだよ私

読んだ時期が悪かったのかなあ 中・高生時代だったよ
読むべき時に読まなければならない本ってのはあると思うんだけど※
そゆもんすっとばして行った先が悪かった みたいな気はしてたんだけど  ヾ(^^;)

※それを受け入れるに最適な感受性を持った時期ってあると思うんで。
それを過ぎてから読んでもその作品の魅力に気づけないことがあるとしたらとってももったいない。偏見フィルターで曲げて読んじゃったりしてたらもっともったいないような気がする

ちょっと寄り道をしてみようと思っていた矢先だったので
これはそのサインなんだろうか  矢印付いて「こっち」とか言われてるような気も……
もちろんそんな本をどこにしまい込んだのかはまったく記憶外
捨てたり売ったりはしていないはずなのだけど
さー どうする 探すヒマなんてないし
中古本屋をあたってみる?
メガネ変えたから もう背表紙の群れもこわくないぞ(ってナニw)

|

« 読み間違いに事欠いて | トップページ | 記憶を呼び覚ます引用:続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読み間違いに事欠いて | トップページ | 記憶を呼び覚ます引用:続 »