« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006/06/29

「14.」の進行状況

ニセモノの庭を捏造しています。
試行錯誤に時間がかかってなかなかそれらしくなりません(笑)

570

シュミ園にアップした写真やら し損ねた写真でできてますが
すでにいくつかボツになっているのでこれもボツるかも ^^;
…なので 主線抜き画像です A^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/27

33333

遅まきながら 3ゾロキリがでました。 いまのところ「踏んだぜ」な申告はありません。もしかして私が自分で踏んづけたんでしょうか^◇^;  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/06/14

音楽著作権に関する記事

「補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言

音楽著作権に関するインタビュー記事です。BLOG違いっぽいですが この手は人の目にできるだけ触れたほうがいいかと思って リンクしてみました。

自分で作って演奏したものが自分のものにならないって絶対おかしいし そういうものを吸い上げて利益を上げて平気というしくみが どうにもいやらしく思えます。この業界ではこうなんだと昔から言われたんでしょうが ふつうの人が変だと思うような常識は やっぱり変なんですよね。って 日本語が変だぞ^^; 

これに関して一通り書いてからさあ送信 と思ったら いろいろあって消えちゃいまして_| ̄|○ ちょっと脱力してます(笑) なので というのも変ですが^^; ここだけちょっと引用。 記事の3ページ目です

お金を払ってまで欲しいと思ってくれなければ、やってる意味がない。違法コピーしてそれで満足してしまうようなものであれば、それは自分のせいだと。作品がその程度のものでしかないと判断する姿勢を、今のところ持っています。

その姿勢が好きです         ヾ(^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/13

NHKで乳の基準など

乳は位置が高めでしまりがあるのが良いそうだ。

…と きのうのお昼のNHKの番組で話してました。

立ち上がる時に踏んづけないように。

   

   

           

(・_・)

             

         

          

あ 牛のね                  ☆\(^ ^;)

踏んづけて炎症をおこしたりするんで乳首保護用にぶらじゃあもあるはずです。痛いだろうなあ^^; 踏んだら

番組は 北海道からの中継で ホルスタインの品評会の基準の話題でした(^▽^)
ちなみにモデルさんポーズみたいな姿勢もあって 左後足をちょっと引き気味にして立つように教え込むんだそうです。そうするとお乳がきれいに見えるんだって。(*^^*)ヾ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/12

挿絵で買う

原作を読まないうちに 予約しておいた「DEATH NOTE」の画集が発売になってしまいました。お金がないので取り置いて貰ってますが、そうこうしているうちに娘から電話が。

鏡:ホビージャパンから文庫が出てて 弘司さんが描いてるよ

み:え゛~~~  作家さんは?ヾ(^^;)

鏡:よくしらないけど どうする 

み:う~~ん あとで調べてみる

…と 電話を切りました。今びんぼーですからねー。でも絵は見たい。
文章に挿絵があるなら余計見たい。

( ̄_ ̄)  調べてみた

電話する

み:あのさー 挿絵も描いてたら取っといて^^;  ヾ(^^;)ヾ(^^;)

    

だってさー 見たいんだもん しばらく見てないんだもん
検索したらなんかこう 熱い感じがして(*^^*)  ヾ
過去にもあったよなあ 挿絵で買っちゃったヤツ

これでらいげつもびんぼー決定的
既に出費先がほとんどきまってます( ̄_ ̄)
しかも今回はみんな絵とか本とか CDは

もうはらっちゃったもんねー☆\(^ ^;)来るのを待つだけです
というわけで気持ちはりっちなはずだ   はず(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/10

記憶:続

で 記憶に残ってるうちに☆ばき\(-_-;)  その瞬間 「あっ」と思った出来事について

ジフ という洗剤がありますね。あれに新たに「レモンジフ」というものが出回った頃のこと。 流しをみがみがしようと思って買ってみました。使ったその瞬間周囲に広がる香料の香り これはっ (・_・)  な  なんかなつかしいぞ これはっ

幼少の時分通った駄菓子屋の匂いだっ(笑)

おそらくは 当時食するとたちまち口腔内を真おれんじ色に染め上げたラムネ菓子か何かに使われていた香料――  いえ そもそも当時の安いお菓子といったら香料やら甘味料やら添加物なぞ遠慮なく使われていたかと思いますから お店の中に香りが充満していてもおかしくはありません。

記憶で駄菓子屋に通ったといえば就学前か せいぜい函館にいた小学二年までです。それ以後もそりゃそういったお店には行きましたが どの店にもあの香りから思い出される雰囲気がありません。 だいたいそんな時分の話を人に話しても面白くもないので(ほら 引越し三昧だったし。なにかひとつ話そうとしても共通の話題じゃないから説明が必要になって あげく面倒だから話さなくなるんですよ)ず~~~っと忘れてました。忘れるも何も 考えもしませんでした。

そうしてしばらくの間 台所の研磨洗剤にはレモンジフを使いつつ懐かしさに浸ってたりヾ(^^;)いやそこまでは

なんてことを思い出したついでに 150円くらいしてたあこがれの三色ボールペンが高くて買えなかったカナシイ思い出が蘇ってしまいました(笑) 小学校一年くらいのとき。家計を思いやるあまり あんなものもねだれなかった 長女なワタシでした( ̄_ ̄) 今でもねだるのって下手だよなあ。買ってあげるなんていわれたらムキになって断ったりするよなあ 損だよなあ      ってなんでこんな話に(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/08

記憶

忘れる と 思い出す の関係について

忘れてしまうということは 頭の中からなくなってしまうということではないらしい。頭の中の引出しに格納してはあるんだけど どの引出しだったっけ みたいな まるで実生活のようなケースから 引出しは見つかるんだけど鍵がないようで開かないというケース … … あ これも実生活といっしょか?(笑) しまいに結局何が入ってるかわからないままとか その鍵が見つかったときにはまた引き出しの場所がわからないとか

ああああ そういうことじゃなくて(打ってるうちに横道に入り込んでどうすんだ^^;)

で 忘れるということは 頭の中からなくなってしまうわけではないのです。というところに立ち戻る(笑) 思い出してさえもこんなことすっかり忘れてたのにと思えるものを 何かがきっかけになって思い出す事があります。今まで二度ほどありました。何でこんな事を覚えていられたのかわからないようなこと なんでそんな事がきっかけで今不意に思い出せたのか判らないくらいでした。物事自体は些細な事なのにそれだけ長い事頭の引出しの片隅に残っていたくらいですから それなりになにか大きな気持ちの動きがあったのでしょう。 なにせ「うっそ~~~ 何でこんな事今思い出すの? 絶対忘れてたよ~~~~^◇^;」と えらく驚いたことを覚えています。そしてそんな大きな気持ちの動きだけが記憶に残り 肝心の 思い出した物事は覚えていないのでした。

におい 音 雰囲気なんかが何かを思い出させそうで出てこない なんてこともあります。うまくすんなり思い出せたなら「あ これはあれに似てる」「昔住んでた町で聞いた」などと人にも言えるのに。  あ なんだこのにおい なんかににてるんだけど どっかで覚えがあるんだけど う~~~~~ん なんだっけ~~~~~  って 人に聞こうにも聞けません。

ところで 忘れるのは忘却という言葉が 覚えているのは記憶ということばがありますが じゃ思い出すのにはなにかありましたっけ?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »