« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/27

一気読み希望

或る日書籍を扱っている娘から電話

鏡:「『マトゥルスの血族完全版全3巻』てのが入ってきたけど(笑)」

み:え(・_・)

  え~~~~~?(笑)  

ここで(笑)<二人ともヾ(^^;)

み:えーと  結末どうだっけ☆\(^ ^;)←心のばき(笑)
  いや ほしー^^;   ほしーけど  お金ないぞ

鏡:じゃ次に入ってくるの取り置きする?

み:うん 頼むわ   でもなんでいまごろマトゥルス?^^;

鏡:オーフェンの人だから 作者

あっ そぉかあ あれのコミックス版は沢田さんでしたか

ここで マトゥルスの血族とはなんぞやと検索したかたもいらっしゃるかと思いますが(笑) 一時期ワタクシ ドラゴンマガジンの読者でした^^; いくつかあの頃読み込んでた作家さんのコミックスがほしいよーと思ったりするわけですが (まて マトゥルスうちに何巻かあったよね 3巻? ま いっか 探すの面倒だし) 

オーフェンは原作の挿絵作者さんの絵が好きなので とくにコミックスの方は読んでいませんでした お金ないし(笑)。 で 今沢田さんがどんな絵を描いていらっしゃるかは存じませんでヾ(^^;) とにかくマトゥルスの頃の沢田さんの絵は好きだったわけです。

で 昨日とある雑誌を買いに行って レジで

鏡:どうする?<マトゥルス

聞かれました  くそー 商売しやがってヾ(^^;)ヾ(^^;)
三冊買ったら三千円じゃないですか ううううう   今月もこれでまたびんぼーなのか

み: うん もって帰るわ( ̄_ ̄)

というわけで家にあるんですが 氷割りだ何だで まだ読んでません。一気に読みたいんだもんねー。しかし 完全版を謳うならカラーページつけてくれるとか 扉ページもっと入れてくれるとか^^;

ほんで これ読んだら当時のDM読みたくなるんだぜきっと^^; どこにしまったっけなあ。一番読みたい作家さんの名前を覚えてなくてσ(^ ^;)探しながら遡り読みしちゃうんだきっと

やだなあ(^o^)ヾ(^^;)

| | コメント (2)

さつえい(・_・)

昨日はこういうモノに行ってました

505

於:市内緑のセンター 職員さんが親身になってくださるので時々お世話になります

510

受付カウンターもこんな感じ

508

アザレア展でもあるせいか季節の展示コーナーにもアザレアが

しかしカメラを持った私が写しに来たのは色鮮やかなアザレアではなくて

511 こんなのとか

512 こんなのとか(笑)

513 こんなのとかとか(笑)(笑)

あ きのうPHSでアップしたバナナは

514banana

せっかくなのでポップアップで大きめ画像でごらんになれまs☆\(^ ^;)
いえ その なんか迫力だったので^^;

515

南国系のどでかい植物もありますがFujiカメに入りきりません(笑)
代表で二つほど 部分を撮ってきました

507 このように(・_・)

毎年恒例になってるアザレア展は即売もやってますが 
こういうモノには背を向けて挙句の果てに

517

床を写し出すあやしいおばさん  ヾ(^^;)

516   (笑)

こういった温室のほかに 園芸講習会に使われる会議室のような部屋や
園芸に関する書籍や資料(下↓は薬品類:販売はしていません) 林業に関する資料などの展示もあります

509

窓の外には小鳥やりすの来る餌場もあったりして

本当は 建物周辺の木を写そうと思ってつれてきたFujiカメですが
風が強かったのでやめました^^;

室内の植物も もっと角度を変えて撮ってきたかったのですが この日展示の最終日でお客さんも来てたので 邪魔になるのであきらめました^^; 写真は素材に使います。

写真フォルダには わけのわからない樹の幹とか枝とか葉っぱの写真が多いです^^;

| | コメント (0)

2006/02/26

突然ですが

バナナの花ヾ(^^;)

Feb26_1336

| | コメント (2)

まだまだ

頑張ってます(^^;)

Feb26_1316

| | コメント (3)

落ちそうで

しがみついております(笑)

Feb26_1213

| | コメント (2)

見上げてごらん夜の

…  って   なんだこれ(笑)

下絵を入れようとした段階で発作の前兆が始まったので
あわてて薬飲んで 
あとは発作の展開と競争 なので
ちょっとやっつけ気味ですが^^;

04622

いやそれにしても

またしても この時間 エディターが表示されません
一旦保存してからようやく現れます
なので最初は画像ナシでとりあえずアップ
次にでてくる「保存しました」な画面で改行を入れなおし
画像を貼り込みました

なんででしょうか? やっぱ寝てた?<ココログ
この時間でも更新する人はいると思うんですが^^;

また うちだけだろうか^^;

| | コメント (2)

2006/02/25

深夜は寝てるかもしれない

画像保存だけのはずが 後に引けなくなって― つか    あれ?画像アップのアイコンがないっすよ?<書き込み画面見るといつまでたっても「開いてます」のまま ゲージが見えるし^^; どうしよう とっととアップして寝ようと思ったのに^^; じゃ このまま「保存」押したらどうなるかのテスト ヾ(^^;)ヾ(^^;)

えーと(・_・)

上の文章は ちゃんと改行を入れてアップしました
しかし ただ打ちのまんまのようです^^;
今度はちゃんと編集用の 太字にするだのリンクを入れるだの もちろん画像アップ用のボタンも見えます。 さっきのはなんだったの?^^; もしかして 

寝てた?<ココログ     ヾ(^^;)ないない

ま いいや ボタンも起きたようだし 
アップしようとしてたのはこれ^^;

504

そんなたいそうなもんじゃないのに~~
だから話のタネにアップしてとっとと寝ようと思ったのに~~(笑)

「森」画像を保存しているうちに後に引けなくなって描き足したものです
効果も何もありません^^; 雰囲気だけ

じゃ おやすみなさい

| | コメント (4)

2006/02/24

キリ

30000を踏んづけた方は念のため証拠画像を撮っておいて下さい

管理人 3 好きです(笑) 

| | コメント (3)

2006/02/23

落氷被害

昼間一気にプラスの(笑)8度になろうという日が2日続き 屋根の上で氷塊と化した雪が 轟音とともに一気に落ちました。その一部はハウスをガードしていた覆いにあたって跳ね返ったらしく 隣のハウスの屋根を破りました。

仏間を改築して広げた結果 ハウスと家の間が狭まった結果こういった被害が増えたのですが、それもこの3年位のことで もともと雪が少なかった当地では 改造当時は予想もできない事でした。かといってかわりつつある気候ですから 今後は何か対策が必要かもしれません。もう ハウス側を向いている壁のサイディングは この3年くらいの間に穴だらけです^^; とりあえず人目に付かないのをいい事に 今は急場しのぎに穴を塞いであります。

503kohri1

↑数年前やはり壁を破った畳3枚重ね級の氷並みの氷 全体の大きさで負けてますが厚さでは勝ってます( ̄_ ̄) この角度だと小さく見えます。壁の窓の下の角あたりが損傷部分

502kohri2

愛用のヾ(^^;)つるはしを置いてみました。横から見るとこんな感じ。当たってたら命ありませんね

501kabe

哀れな壁さん ねずみよりもこおりによわい(/_T)ヾ(^^;)そいう言う問題では―

500rakusetsu

これからダイビングしようと着地点を見定めている氷 夜に降りてきた模様( ̄_ ̄)  

あああ こんなもんが500枚目になっちゃったよ(泣笑)<ここでの使用画像

| | コメント (2)

2006/02/22

「白虎野」から無料配信

アルバム「白虎野」から「時間の西方」が無料配信開始になりました。

う~ん やっぱこれできましたか(^▽^)
アルバム一曲目です。
なんとなく一曲目って「今回これで行くので心して聴くように」な気がします(笑) 
「オーロラ」の「石の庭」のときなども おおおお こう来ましたか~~ よっぉおおおし o( ̄▽ ̄o)゛ てなかんじで浸る心構えで聴きました

世に出た曲の解釈や聴き方は聴く側にゆだねられます。何を考えて書かれたかとか インタラにどうかかわってくるのかとか考えて聴くのも楽しいし 今置かれている自分の立場に重ね合わせて聴くのもよろしい。 聴き手次第で味わいもかわるし そのかわる幅がものすごい広さだってところがスルメにたとえられる所以かもヾ(^^;)するめかよ  いや実際 聞くたびに別の発見がありますね。

いつものことですが今回は特に ヒラサワ音相感覚(って言葉があるのかどうか不明^^;)満載な歌詞なのではないかと<アルバム全体 

初心者でも大丈夫 噛み付きませんヾ(^^;)ヾ(^^;)ヾ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/20

差出人不明

横丁日記で自分から自分宛の謎の郵便物について書きました。
これは 夕方近くに再配達になった時に真相が明らかになるはずですが
おおかたは「あぁああ あれかあああ」だったり
「なあんだそれかあ」に落ち着くのではないかと思います。

不在票に関してはお笑いな経験もあるので それについて書きます
過去に描いてないだろうなヾ(^^;)既出だったらごめんねヾ(^^;)ヾ(^^;)ちかごろ記憶に自信がなくてヾ(^^;)ヾ(^^;)ヾ(^^;)

-★--   -★--   -★--  -★--   -★--   -★--

留守中に郵便局の不在票が入っていました。定形外郵便でした(簡易書留だったかも)。あて先はワタシです。しかし いつもなら書いてある差出人名欄が空欄です。
書き忘れでしょうか。手を抜いた?省略?まさかね(抜きません( ̄_ ̄))
読みが難しくても書き写せばいいんですから書けないことはないはずなのに
何故に空欄。疑問を抱きつつ引き取りに行きました。

どこからの郵便なのか。どきどき(* ̄_ ̄*) 
受け取りました郵便。裏返してみました。  

あ― 

封筒裏之図

_| ̄|○ 書けないよねこれじゃあ<局員さん 

| | コメント (10)

2006/02/19

帰路(^^;)

大粒の雪で街並み撮影は断念。
これからかえりますー(^^;)

作品展は 若い人のナマの作品をたくさん見られて 元気を充填できたと思います。

写真は都市間バスの後ろにスタンバイしてた 多分市内線? 学生時代にお世話になった 懐かしいデザインです

Feb19_1432

| | コメント (2)

帰宅荷造り

この後のお土産購入に備え 荷造りし直してますが、
なにやら 主婦のバッグにそぐわなさげなモノが(^^;)

次女に貸してたタブレットを 持って帰ります。

Feb19_1018

| | コメント (2)

2006/02/18

雪祭りの名残の

雪山からテレビ塔を望む(笑)

Feb18_1709

埋まっているわけではありません^^;

| | コメント (2)

着きました

斜め下から写したら
札幌駅だってわかんない(笑)

Feb18_1326

| | コメント (2)

2006/02/16

友チョコ

…って 流行なんすか? いや だって もう数十年(笑)前からやってたもんで。だって男の子に渡したってつまんないし。      言い方がおかしいか…

いえつまり男の子に渡したってシャレになんないし。
     まだなんか妙ですか…

つまり どうしたって冗談で笑って済まされない部分がありそうじゃありませんか。この手の誤解は不幸ですよね^^;

数十年前はホワイトデーなんて あってもなきが如しで チョコは義理や義務であるほど見返り(笑)はないものでした。 そんなつまんないことがあるかい( ̄_ ̄)o゛ヾ(^^;)
いえ お返しが欲しいというのではなく 一方方向にしか働かないというのがつまらないのですね。片方がただ受け取るだけだなんて 能がなさすぎです。ヾ(^^;)そういう問題か?

マジでチョコ渡して告白なんてことはしませんよ あれはお祭りです。ただのお祭り。しかし お祭りであればあるほど 乗らなければ損 という妙な力もはいったりします。んで、マンガ者同士でキャラクターからキャラクターへ贈るとかいうことをやってましたね。つまり今と同じことをやってたというか^^; そのまま変わらずに今に至るというか。

これには体力が要ります。メッセージ絵を描くので。時には小冊子めいたり。ホワイトデーには続きを展開できるというおまけもある(笑) 財力も要るかも^^; チョコ買わなくちゃいけないもん。なので今はWEBで お金をかけずに わずかに体力だけ使って遊ぶ ということになってしまいました^^; 

しかし それすらも今回 家族イベント(笑)でおシャカになりました( ̄_ ̄) 絵の一枚もなかったよね今年は。 ああ 情けない(/_T) もうちょっと前頭前野を刺激しないと。

| | コメント (0)

2006/02/15

誤変換狙い打ち

【深層の礼状】  
   あ 真相の令嬢あたりを狙ったのに^^;
これは あれですね 散らかった机の上に確かに置いたはずの礼状が さあいざ必要な時にどこらへんに埋まっているのかわからないという☆\(^ ^;)

横丁日記にしようかと思いましたが カテゴライズされたら面白いのでヾ(^^;)こっちに持ってきてみました

| | コメント (3)

2006/02/13

500マイル

ううう 第一変換が「500参る」だなんて  _| ̄|○

日記Blog26Hに「500枚」というタイトルで書いたのを自分で読んでなんとはない既視感に襲われたのですが、今さっき気づいたのが今回のタイトルでした(爆) 

ワタシが最初に聴いたのはPPMでした。それで中学時代の先生を思い出してしまったので その方向に話題が逸れていきますヾ(^^;)

 中学で必修クラブ活動なんてものが取り入れられたとき 他にしたい事がなかったので(ああいったモノでの文科系のクラブってろくなもんがなかったですよ)英語クラブみたいなもんに―正式名称忘れました―入ったのでした。二年のときでしたが三学年通しての活動なので三年生もいたりして。んで顧問はたまたま担任で教科担任でもあった先生でした。

ふだん授業では使われないような文章をプリントしてきてくれたり 有名どころのフォークソングの歌詞なんか刷ってきてくれたり。「先生という立場の人がそんなものを持ってきてくれるなんて」ってなかんじで嬉しかったです。当時はまだまだ学校の中にそういうモノは持ち込まれなかったですよ。それにふだん勉強を介してしか知らなかった先生が 趣味に関してはふつうに「人」だったことがなにか新鮮でした。 って 変な話ですが^^;

同じ必修クラブを高校でもやり始めましたが そのころにはマンガやイラストもおっけーになりまして 公の場(笑)で堂々とマンガ絵が描けたのはそのときが初めてでした。教室で彩色できるって 嬉しい反面 いいのかほんとにとまだ疑ってたり^^;何でそのあたりにこだわるかというと トラウマがあるんですよワタシ。学校でマンガ絵 ってもんに^^; それは26Hネタですね^^;

で 500マイルです  いや500マイルったって 有名すぎて今更何も書くことがないんですが ワタシ TheHootersというアメリカのバンドも一時期ものすごくのめりこんでいまだに引きずるものがあるんですが 彼らもカバーしてます。彼らのカバーバージョンの素晴らしさといったら代表的なのが ビートルズの「Lucy in the sky with diamonds」ですが ―ああ どんどん話がずれてきてるじゃありませんか まあいい^^;― 他人の曲のカバーの醍醐味ってもんを知った曲でした。しかも か~~なり 横殴りされましたね 頭^^;  この500マイルも えーとたしかPPMのメンバーさんも一緒に演奏してたんでしたっけ^^; うろ覚えです あとでCDで確認しとこ^^; PPMに代表されるフォーク調のアレンジを期待したらあれれれ ってなかんじで さすが連中だわいと思わせてくれます。

そういうふうに 期待には十分こたえつつ予想を大きく裏切る姿勢がどうにも好きです。連中はそういうつもりでやってるわけじゃないと思いますが。ああ 連中連中となれなれしい(笑)  いわゆる 音楽バカ要素の多い人たちで そういう人に弱いですσ(^ ^;)最初の出会いでいきなりそれでノックアウトでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/12

はっぴぃぱらだいす

我が家の昼食中のテレビはNHKののど自慢です( ̄_ ̄)
今日「ダイナマイトが150t」(だっけ?<数字)を歌った人がいて とたんに頭に鳴り出したのが あ~るの「はっぴぃぱらだいす」なんですが あれの元ネタってこれだよねと言おうとして 歌詞が出てこないさ 参ったね(^0^;)>゛ いや笑ってる場合じゃありません。これじゃ話が全然通じないじゃありませんか。もっとも相手が あ~るはそう聴き込んでいない(笑)だ~りんだったので わかったところで通じなかったのかも。こういうときに「あぁあぁそうそう」と共有できる人がいないとつらいっすね(笑)

で 結局歌詞を見に行く _| ̄|○ ←なにか負けた感じ(笑)

曲はあ~るCDvol.2の「帰ってきてしまった、はっぴぃぱらだいす」のほうでした
「ハァ~ 超兵器(ハイパーウェポン)が 50トン」とありますね
これを   ↑   思い出せませんでした(笑) なにが50トンだったのか(/_T)

ちなみに 作詞:伊藤和典 作曲:山本正之 編曲:田中公平 ( ̄_ ̄)

現在うちにある あ~るCD は 「vol.1」と「2」「どらまSPECIAL」「あ~るBOX」。
「真夏の一夜漬け」は持ってないです。ほしい。すんごくほしい。

ある年のお盆キャンプツァー(お盆休みの間テントとキャンプ用品積んでキャンプ場を泊まり歩く)で 積んでかけてたテープがあ~る一色だったことがあって、目的地についてドアを開けた瞬間に丁度あかるくおめでたく「きんこんかんこんけんこ~♪」が鳴り響いて けっこう恥かしかった記憶があります^^;

ひさしぶりにジャケット見直しましたが 1のあ~るってば とっても後藤さん似~~~~~~

以上 今日はミーハー全開でした(* ̄_ ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/11

500枚

26Hに使われている画像の連番が このあいだのもので498になっていました。まもなく500です。実はいくつか重複もありますし 連番から外れているものもあるので 実際にはすでに500を超えているものと思われます。

ウェブページよりもBlogのほうが容量大きかったり 何も考えずにぽんと載せられるので便利だったりで ちかごろココログの使用頻度が増えて @homepageのほうはCGI置き場の様相です。 図解屋関連もついうっかりBlogにしちゃったし、いかんなあ^^; 

当初はここで描き散らかしもやっておりました ラクガキ手順とか。自分用メモみたいなもんなのでどう散らかそうがいいかと思ったり いや人の目に触れるんだからマシなもんをとも思ったり いやいや人の目に触れるんだったらそんなうるさいもんを置くなとも思えたり。実際自分で見ていてうるさくなってくるもんで。サイトのほうに一度は上げておきながら今ではリンクが切れてるものとか降ろしちゃったものってのは そういう理由によります。

人の目に触れちゃうというところがどうもまずいのですね。―って言っちゃうと元も子もないですね。 なにせネット上のことです。ここにいておきながらその言い草は何だ、ですね(笑)

だいたいラクガキしてて安心していられるのってのがそもそも今までの人生(笑)ではなかったんですよ^^; 実生活では―今は知りませんが―そう堂々とかけるもんじゃなかったです。陰でひっそりと(笑)でしたよ。

普段、絵とかマンガとか描いてると「そんなもの描いてばかりいないで」と、まず言われました。そこで 普通の人(笑)が通りかかると 余計なお説教を避けるためにも ぱっとさりげなく隠すクセがつきます。 必然 趣味を同じくする人以外に見せた事もほとんどありません。教室でうっかり見られるのは避けられませんでしたが^^;  そういうのが身にしみちゃってるせいか どうも自分の絵が誰の目にも見えるところに出っぱなしになってるのが 落ち着かないです^^;  

同じようなジャンルで娘達も描きますが たとえばお姑様はそれを見て感心したりほめたりしますが 私が見せたら あんたまでこんなの描いてるの?とかいわれそうです(笑)植物画だと感心してもらえるんですけどねー 「一般」の感覚ってそうなのかと思うと やっぱりうかつに出せませんな^^; ある世代から上のヒトには 高尚なものはよしだけど マンガ絵はくだらんものなのかもしれなくて ず~っとそれに囲まれて生きてたわけで^^; 
幸いうちの親は早くから諦めてくれたので 少なくとも家の中にそういうマイナスな空気がありませんでした。子供の個性を認めることの大事さの証明ですね(・_・)  ヾ(^^;)ヾ(^^;)

えーと 何のはなしだっけ  500枚の話だ^^;

ココログのフリーのほうの機能では すでにアルバムなどの別のディレクトリにアップした画像を別のアルバムのなかに取り込んで表示できるようになっています。これが3月の プラスやプロのほうの改訂に取り込まれるのかどうか良く知らないのですが できるようになれば便利です。こちらにさんざん日々描き散らかして あとからアルバムに一まとめにするってことができますよね ちがうのかな^^; 

でもそうなるとますます @homepageの使い道をどうしようかと思っちゃうんですが

うーん もうちょっと考えよう 考えるだけだと時間が無駄に経過するので とりあえずラクガキだなー☆ばき\(-_-;)結局そっちかよ

なのでここが再び描き散らかしになってもそれはそれで諦めてください。 でも本当の目的はそれじゃなかったはずだぞ~~~>自分

                と 書きあげてから思い出しましt☆ばき\(-_-;) 

| | コメント (0)

2006/02/10

検索に埋もれるために

平沢さんの「白虎野」がリリースされて

  まて どうして「平沢さん」なの?なれなれしい(笑)
  でも呼び捨てはしにくいし<「平沢進」
  いきなり「ヒラサワ」だと ここで周知の事実のようだし 事実だけど
  「師匠」と呼ぶのはおこがましい気がするし

  「平沢進さん」だとますますぜったいおかしいし(爆)

  というわけでそのまま続けます(・_・) 
  ワタシ 手塚治虫先生も「手塚さん」だし^^; 勘弁してください

で リリースされまして ネット上にも記事が増えてきています。なんて改めて実感しているのにはわけがあって、平沢リスナーさんの反応やいかに と思って検索した時に たとえ一瞬の出来事であっても(笑)自分の「ポケ音」の「白虎野」記事のあるページを Googleの5ページ以内で確認してしまいました。自分で見てびっくり。というか これはまずい。できるだけひっかからないように呼び名を変えて(某画像ソフトが写真屋であるように^^; 某米国歌手がでーやもんどさんであるように)書くなどの努力をしているのにこのていたらく(笑) なんかせっかく来ていただいた人に申し訳なさでいっぱいになりますね^^; 実際にそのときは あのページやあのページよりも前にあったので たまたまそういう順で開いちゃった人ごめんなさい そんなたいそうなページではありません と ここで謝っておこうヾ(^^;)

でもまあ リリースとともに記事が増えたらあっというまに埋まっちゃうでしょう。そう思っていたら ちゃんと埋め尽くされました(^o^) もう十何ページまで行ってもだいじょぶヾ(^^;)確認しないうちにやめたくせに

申し訳ないといえば ここの検索ワード第一位は相変わらず「ク○ンケ浮腫」がらみです。二位に「ビ○砂利」あたりですかね。すみません せっかく少ない情報を求めて検索していらっしゃるでしょうに 顔を腫らした間抜けな画像しかなくて^^; こればっかりはちゃんと病名を書かないと伝わりませんしねえ。せめて伏字にしてみましたが 見た目ヘンです。参加しているフォーラムの関係で ずっと伏字を使うことなく来ているので なにか後めたい気が^^;

そうそう おかげさまで写真屋関連でヒットする事はほとんどないのではないかと思われます。よかたー。こんだけ検索から逃げててなおお目にかかれるお客様とはよほどの縁があるのでしょう。末永くよろしゅうに(^o^)   ヾ(^^;)ヾ(^^;) 

| | コメント (2)

2006/02/05

ちなみに下絵は

ペイントで殴り描いたこれ(笑)
最下層レイヤーにあります^^;

497

んで パス

498

これから 枝を曲線にして雪を積もらせました
葉っぱは見えないことにしてヾ(^^;)
コピペすれば葉っぱも行けるかも などと
ご飯支度しながら考えたり

と まずは一枚目でした

| | コメント (0)

2006/02/02

カテゴリー変更

カテゴリーを変更しました

「ラクガキ」が「お絵描き」になりました。別に昇格したわけではありません(笑) やってることにかわりはないわけですが ペイントでラクガキするのと アドビのソフト間で行ったり来たりして描くのとはさすがにちょっと違うかなと思ったりして。いえ 違うというのは「格」とかそういうことじゃなくて どうしても今だと操作の仕方(笑)とか 機能にかかわる手順のメモとか そういうものも含まれてしまうので 見た目どうしても 「ラクガキ」っぽくならなかったりするわけです。

かといってじゃあ例えば他のジャンル名で呼べるかというとやっぱりそうではなくて  結果全部ひっくるめて普段やってるとおりに「お絵描き」と呼ばせてもらうことにしました。

それと 図解屋だけを切り離して別の場所でTohoho話をしようかとも思ったんですが やってるうちにどうしても(笑)描く方に行ったきり帰ってこないもんですから 話が続きませんで^^; あれもこっちに持ってきてしまおうと思います それも含めたいので今回の変更になりました

なんて断るほどのもんでもないんですけど(^^;)>゛

で 作業の途中でうっかり「絵日記」カテゴリーを削除してしまいました(笑)
記事そのものは消えていませんが カテゴリーとしてまとめて表示できなくなっていると思います。夜にでも時間のある時に設定しなおすつもりです<m(_ _)m> 

| | コメント (0)

2006/02/01

写真屋で塗ってみる

…とこんな感じ 顔だけですが^^;

もともとシンプルな塗りで行こうと思ってたので かえってうるさい気がします^^; 図解屋で塗ったほうが好み

494

| | コメント (2)

心待ち

あす いよいよ平沢進ソロ10作目「白虎野」と マンドレイクの「アンリリースト・マテリアルズvol.1・2」の再リリースです。 今回は「白虎野」をオフィシャルサイトからの通販に マンドレイクの二枚はShopMECANOさんの通販に注文しました。前者は 以前は遠隔地(笑)にもかかわらず発売日に届きましたが今回はどうでしょう。後者は今日発送してくださるようなので 到着はおそらくあさってかと思われます。同時到着じゃないほうがいいかもですね^^; 焦らずじっくり聴けて。いえ 三枚一度に手元にあったって 逃げるわけじゃないんですから聴きたい順に落ち着いて聴けばいいんですけどね^^;

リアルタイムでソロ作品を待つのは初めてです。前作の「BLUE LIMBO」は ワタシが聴き始めた頃には既に発売されていましたから。聴きはじめてからまだ一年半なんですねー。こと音楽に関して言えば 密度の濃い一年半だった気がします。追いかけ聴きも あとDVDとCDを数枚残すところまでになりました。今年はびんぼーなので ゆっくり残りを追いつくことにします^^; 映画は来年になるでしょうし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »