« 実験2 | トップページ | 朝の鼻歌シーケンス »

2005/11/27

ストーブ

…が来ました。
しかも物置に(^^;)

純然と暖房のためでなしに(^^;)nov27_1021.jpg

|

« 実験2 | トップページ | 朝の鼻歌シーケンス »

コメント

今年は灯油も高いので大変ですね

投稿: Milk | 2005/11/27 10:51

マキストーブかな?(^_^;)

投稿: Milk | 2005/11/27 11:37

薪です
シュレッダーで細切れに出来ない枝や幹を これでなら堂々と燃やせるもではないかと購入
葉っぱが入ると煙がけっこう出て 煙突が低めなものだから ちょっと慌てました^^;
すぐに 木質部分だけをくべて 葉っぱのある小枝はシュレッダーにかけたようです^^;

それにしても ストーブのあたたかみって なんか嬉しいですね 上に何か―おなべとかやかんとか蒸発皿とか―のっけたくなります(^▽^)

投稿: みかるー | 2005/11/27 19:58

昔実家で使ってた焼却炉みたい・・・と思ったら(^^;;
でも、こうゆうのが使えるのは素敵。
焼き芋もできるかなぁ。

投稿: Moomin | 2005/11/28 18:41

あー  芋~~  

どうだろう 実験してみようか
でも焦げないようにずっとついてたら仕事になんないかも(笑)

実際 火の様子を見に来たらあったかいものだから しばらく離れられませんね。懐かしい暖かさです

投稿: みかるー | 2005/11/30 10:02

お~、こっちではなかなかお目にかかれない、卵型だぁ~。
うちでは、遅々として進まぬ工事のために、いまだ現役で酷使されております。
早く、余生をおくらせてあげたひ・・・

投稿: 飛魔人 | 2005/12/02 02:52

お久しぶりです>飛魔人さん
そろそろ冷え込んできているのでは^^;

この型じゃない薪ストーブはあるのですが くべるのに不便だと言って買ってきました。
残る問題は 煙突が低くて煙がけっこう迷惑になりそうです。検討するらしい

ストーブ台は物置にあったものです 取って置くもんですなあ^^;

石油ストーブというモノを使い始めた頃は 火を消したとたんにすうっと冷えていくのがものすごく寂しかったのを覚えています。子供らなんて石炭が燃えるのを見たことないですからねー。これが石炭だ これは燃えるのだと説明しても へぇ というだけで実感なさそうでした(笑)

投稿: みかるー | 2005/12/02 17:36

自宅近辺では、冷たい雨でしたが山小屋では初雪即初積雪でした。
現地観測官(勝手に任命)の報告によれば、積雪20cmで最高気温が氷点下3度だそうな。

今年は灯油の値上がりで、この手の薪ストーブが大人気だそうですが、断熱対策の不備から火事に到る事故が多発しているそうで。
石炭の話しにも通じるかもしれませんが、焚き火のノウハウがどんどんと失われているみたいです。

あ、焼き芋ね、熾火と灰をしっかりと作っておけば、割と簡単にできますぜ。
下火になったら、焼きリンゴだって美味しくできます。
ポイントは煙突から出る煙で、白い煙が出なくなったところで、アルミフォイルに包んだ芋を、投入するだけ。
20分程度で食べごろですよん。

投稿: 飛魔人 | 2005/12/06 01:19

むかーし石炭ストーブの アクの中にジャガイモ入れて焼き芋にしたなあ あんな感覚だろうか  何にも包まずそのまま投げ入れて焼きました 早く剥きたいのに 熱いの^^;

(* ̄v ̄*) なんだか香りを思い出しちゃうぞ
   って おなかがすいてきちゃいました☆\(^ ^;)

投稿: みかるー | 2005/12/06 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実験2 | トップページ | 朝の鼻歌シーケンス »