« 雪がとけたら | トップページ | 砂利はゴミに出せません »

2004/04/13

雪がとけたら 2

で 先日書いた 雪の上にばら撒かれて 雪がとけたらまとまって現れて
冬あか一掃の主人公になるのがこれです

ビリ砂利散らかりまくりの様子

って  よくわかりませんね (^0^;)>゛

ビリ砂利というもので 砂よりはでかく砂利と呼ぶには小さいという大きさで
凍結路面に撒いて制動効果を高めようというものです
これがあるとないとでは 交差点での安心感が全然違います^^;

あ 写真下の肌色は 多分私の指でしょう
まぶしくて液晶画面が見えなかったので 勘でシャッター切ったらこのとおり
生霊ではありません 実体です     きっと   ヾ(^^;)

んでこちらが 竹箒ですこしずつ掃いていったところ
     相変わらずよくわかりませんね ^^;

写真上半分が掃除済み^^;


まあ きれいなもんでもないので鮮明に写すこともないかなあ と ^^;

|

« 雪がとけたら | トップページ | 砂利はゴミに出せません »

コメント

スパイクタイヤ全盛の頃には、ビリ砂利は無かったのでしょうね。
その代わり、雪解け時の粉塵は凄かったようですが...

雪が解けた後の始末も、なんやかんやといろいろあるんですね。
ビリ砂利は、舗装路では凍結路とは逆にスリップの元になりそうですしね。
積雪がほとんど無い地域に住んでいられるのは、やはり幸せかな?

投稿: Yoro | 2004/04/13 16:04

ものすごかったですよ粉塵
アレを吸い込んでいたかと思うとげんなりします

ビリ砂利は路面が露出しだすと自由に動けますから
車道の隅に弾き飛ばされて溜まります
それを箒で集めて 国道 道道はスイーパーとう作業者で集め
市道は人力でトラックに積み込んで集めます

で その溜まっている状態のとき 車にはもうあまり影響がなくて
滑るとしたら箒で寄せられたものの上を歩く歩行者ですね
このあいだたまたま国道沿いを歩いていると
車道に溜まったものと歩道にのっているものを箒ではいて
車道の隅に掃き集めている作業に出くわしました
気がつく人は 横断歩道の部分に溜めないようにしていましたが
無頓着に ゼブラゾーンもお構いなしに車道の隅に隅にと寄せている人もいました
私はスニーカーで歩いていましたが 無造作に歩いていて滑る可能性もありそうでした ためしにずるっと滑ってみたら ヾ(^^;) 反動でそのままずる~~~~~~っと行っちゃいそうな予感がしました

あ そういえば今日なんかは 信号が点滅しだしたので駆け出そうとしたら
最初の一歩のけりだしが滑りました^^;
転びはしませんでしたが ちょっとこけた感じ(^^;)>゛

投稿: micaloo | 2004/04/13 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190192/12032393

この記事へのトラックバック一覧です: 雪がとけたら 2:

« 雪がとけたら | トップページ | 砂利はゴミに出せません »